お客様の声

聞き手:山本淳哲弁護士
話し手:Aさん(元会社経営)

 

話:山本弁護士
改まって聞くのも変ですが,なぜ当事務所を選んでくれたのですか
 

話:Aさん
山下先生とは,10年くらい前に何かのイベントでお会いしたことがあって,事務所を知っていたこともありますが,一番の要因は土曜日に相談ができたことですね。当時は,廃業を決意したこともあり,一刻も早く相談したかったので。
 

話:山本弁護士
ああ,ちょうどうちの事務所が定期的な土曜相談を始めたばかりのときでしたね。
 

話:Aさん
たしか,第1号だったと伺った気がします。本格的にこちらで相談する前に,私の知っている他の事務所の先生に話を聞いてもらったこともあったのですが,ITに明るい人がいませんでした。
 

話:山本弁護士
そうだったんですね。ちょうど私が担当になって都合がよかったです。
うちの事務所の印象はどうでしたか。
 

話:Aさん
実は,当初,人数の多い大きな事務所はちょっと心配だったんです。おざなりにされるんじゃないかというイメージで不安もありました。
 

話:山本弁護士
その印象は変わりましたか。
 

話:Aさん
逆に,きめ細かく対応してもらって,当初の心配は全くなく,安心できました。
 

話:山本弁護士
どうもありがとうございます。そう言っていただけて,私も安心しました。ところで,実際の手続きについて印象に残ったのは何ですか。
 

話:Aさん
申立前に,業者から複合コピー機のドラムを引き揚げに来るという連絡があったとき,何か責められるんじゃないかと不安で,立ち会いをお願いしたところ,すぐに引き受けてくれて,それですごく安心しました。これが一番印象に残ってますね。
 

話:山本弁護士
たしか事務所を明け渡す直前でしたね。
 

話:Aさん
そうなんです。あれ以降,信頼がおけると思って,安心してお任せできました。
 

話:山本弁護士
実際に申立をした後のことはどうでしたか。管財人や裁判所から話を聞かれるのは緊張しませんでしたか。
 

話:Aさん
それも不安でしたが,先生から流れを詳しく説明してもらってましたので。私が管財人の先生とコミュニケーション不全だったので,その愚痴を聞いてもらったりして助かりました。
 

話:山本弁護士
そのようなこともありましたね。何度か2人の間を取り持たせてもらいました。
 

話:Aさん
管財人の先生は,専門用語が多くて,しかも手続きを完全に理解している前提で話をされて,私が話を分かってなさそうだと機嫌が悪くなるし…
 

話:山本弁護士
私が流れを説明しても,すぐに理解するのは難しいですよね。最終的には管財人の先生も状況を理解してくれたのでよかったじゃないですか。
最後にご感想はいかがですか。
 

話:Aさん
やってみてよかったです。再就職のときも助言をいただきましたし,これまでの生活を見直すいい機会にもなりました。
他人から弁護士はすぐに破産を勧めるぞと言われてましたが,我々経営者はぎりぎりまで頑張ろうとしてしまうので,自分の状況を把握しづらいんです。
相談したときに先生から債権回収しないと破産もできないと言われ,やっぱり客観的に状況を見てくれる人と相談することの大切さが分かりました。現在では,同じように経営が行き詰まって悩んでいる人には,悩んでないで一度相談するとよいと話しています。
 

話:山本弁護士
私もそう言ってもらえれば,一安心です。
では,Aさんにもこちら的にもよかったということで,どうもお世話になりました。
 

話:Aさん
いいえ,こちらこそ。
 

 

telbana.png

Copyright (C) 2012 山下江法律事務所 All Rights Reserved.〒730-0012広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル703