倒産・再生の種類

shibahashi.jpg

現在、事業を終結させるか継続させるかという決断を迫られている経営者様も多いと思います。
しかし、「この手形を何としても落とさなければならない」などと資金繰りに追われると、「何としても落としたい」との思いから、資金の確保しか考えることができなくなってしまって、冷静で客観的な判断ができなくなり、高利の金貸しや、怪しい金貸しに手を出し、それが致命傷となり経営破たんを招いてしまうといったことが少なくありません。

まずは、冷静になることが大切です。いよいよ経営破綻、という状況になってしまったら、まず、会社の再建を目指して、以下のことを行ってください。
 

1) 債権者に対し、支払いの延期等を求め、交渉を行う。

  自主再建への時間的・経済的猶予を獲得することを目的とします。
  ↓
 

2) 人員削減を含むリストラ計画の策定・実行する。

  または、再建のためのスポンサーを募集します。
   ↓
 

3) 債権者の協力のもと、債権放棄などを得られないか、検討する。

  ↓
 

4) 破産など法的手続の採用を検討する。

  この場合でも、可能な限り経営者様とご家族の今後の生活支援を図ることに力を尽くします。
 
 

倒産・再生の種類

倒産・再生のそれぞれの方法については、以下をご参照ください。

・民事再生・・・経営者が経営権を手放さずに、再建を図れるメリットもあります。
・破産・・・会社の財産を債権者に公平に配当し、会社を消滅させる手続です。
・特別清算・・・清算の遂行に著しい支障を来すべき事情又は債務超過の疑いがある場合に、裁判所の監督下で行われる清算手続です。
 

 

telbana.png

Copyright (C) 2012 山下江法律事務所 All Rights Reserved.〒730-0012広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル703